TKL.Factory

since 2007/11/23

Powered by M.A.D WORKS

当サークルの作品がダウンロード販売で
お求め頂けるようになりました!

当サイトは、「鹿角の萌えみのり」を
応援いたします!!

Copyright(c) TKL.Factory タケル
2007 All rights reserved

<TKL.Factory Information>

今後のイベント参加予定:

砲雷撃戦!よーい!11舞鶴
7月13日(日)赤れんが倉庫5号棟
C−08

コミックマーケット86
8月15日(金)東京ビッグサイト
東C−03a

新刊:
「フツーの社会人と学生の提督殿に捧げる
艦これ上位ランカーへの道しるべ 」

頒布予価:300円 (中綴じ28ページ)

どういう本なのかはタイトルで思いっきり
表してみました(笑)。とてもじゃないけど
100位以内とか無理ゲー、だけど元帥ギリギリ
ならひょっとしたら行けるんじゃね?
という「普通の提督」さんに向けた本です。

 

既刊(?):グッズ頒布です!
艦隊これくしょん(艦これ)デザインマグカップ
こんな感じのデザインでぐるっとカップを取り囲みます。

↓各艦の名前をタイル状に配置した「魚の名前湯飲み」っぽいアレです(笑)

↓艦娘の人気セリフをピックアップし英訳したものを並べてみました。

頒布予価:1200円
どちらも数量限定につき、売り切れ必至です
(コミケ85では昼過ぎで完売してしまいました )

「普段使いをしやすい」をモットーに作ったデザインです。
是非、会社やご家庭でお使い下さい(笑)

○委託頒布も行います!

スタジオゴンドワナ様
「提督の食卓 艦娘たちのお料理コンテスト」
  昭和14年に実際に行われた各艦対抗お料理コンテスト
「第一艦隊献立調理特別努力週間」
残された貴重なレシピ資料から7隻の料理を
抜粋して、当時の味を完全再現!(公式サイトより抜粋)
B5オールカラー28ページ 頒布価格500円

※「提督の食卓1」はもう同人ショップにもほとんど
在庫がなくなっており、当サークルで預かっている
分が現状最後の在庫のようです。
まだお持ちでない方はお早めに!

(お知らせ)
「それが知りたかった自動車保険の常識」シリーズについて

約5年の間刊行させて頂いた「それが知りたかった自動車保険の
常識」シリーズと番外編についてですが、筆者が保険代理店業から
離れて久しくなってしまったため、最近の保険業界に関してかなり
疎くなってしまい、新しいネタを考えて新刊を刊行する事が困難に
なってしまいました。

ここで一旦、シリーズを終了させて頂く事とし、これまで当サークルを訪れ、
新刊の刊行を楽しみにして下さった方にはお詫び申し上げますとともに、
これまでのご愛顧を深く感謝申し上げます。

なお、総集編の既刊は在庫の限り頒布を続けさせて頂きますので
よろしければご利用下さい。

2013年12月 TKL.Factory タケル拝

追伸 実際の保険商品に関する本は終了させて頂きますが、架空(アニメ等)
の世界における面白い保険商品などを思い付いた場合は、何かさせて頂くかも
しれません。どうぞよろしくお願い致します。

既刊:
「それが知りたかった自動車保険の常識」
総集編(500円)・総集編2(300円)
2冊同時のお求めで700円!
いずれも最終処分頒布価です。
再版はしませんので、どうぞお早めに!

 

既刊
「BOSE CAFE 〜中国茶・コーヒーをエンジョイする豆本〜」

頒布開始:2011年8月14日
(コミックマーケット80)

頒布価格:300円(価格改訂)
(B5・36ページ、オフセット)

こみっく☆トレジャーのドリンクコーナーで
見たことのあるあのマスターが監修。
中国茶とコーヒーをもうひと味楽しむための本が完成。

 

既刊
「それが知りたかった自動車
保険の常識総集編2」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2011年12月30日
(コミックマーケット81)

頒布価格:300円
(B5・66ページ、オフセット)

「それが知りたかった」自動車保険4・5の内容と、2010年夏に号外として出した「生命保険金と相続税・所得税」に関するネタ を再録し、2本のネタを加筆しました。

「それが知りたかった自動車保険の常識総集編2」
新規収録内容:

@実家に帰って親の車を運転するために必要な自動車保険の条件は?

保険代理店で仕事をやっていると、何気に問い合わせの多いネタです。最近ちょっと状況が変わったのでネタとして織り込んでみましたよ。

A保険会社・保険商品の選び方 保険会社が保険商品を投入して展開するときに、どんなユーザーをターゲットとしているか、またどんな施策で保険料を安くしているか、ちょっと改めて考えて頂くコンテンツです。その上でどうやって保険会社・商品を選ぶかの指針になれば嬉しいです。

既刊「それが知りたかった
自動車保険の常識総集編」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2009年8月16日
(コミックマーケット76)

頒布価格:500円(価格「再」改訂)
(B5・108ページ、オフセット)

「それが知りたかった自動車保険の常識」「同2」「同3」の全部の内容に加え、新ネタを4本新規収録した内容となっております。新規ネタとしては「知らなかったでは困るネタ」を中心に構成しております。
こんな時に保険金は下りない、こんな事が実は違法でしかも罰則がキツい、ということを分かって頂くためのネタです。

とにもかくにも大増ボリュームの一冊、完全保存版!

「それが知りたかった自動車保険の常識 総集編」
新規収録内容:

@自賠責保険の保険切れに
 対するペナルティは重い?

自賠責保険は法律で絶対にかけないといけない保険とされていながら、その罰則まではあまり意識していない方のために、背筋の凍る思い(?)をして頂くネタです。

A「身内」の人に対する賠償
  責任の範囲
  その1・対人賠償

対人賠償保険って、どんな人に危害を加えた時に保険金が「下りない」のか、考えたことがありますか?その一部を紹介します。
B「身内」の人に対する賠償
  責任の範囲
  その2・対物賠償
上記同様、対物賠償保険にも保険金が「下りない」条件があります。ちょっと極端な例ですが、一例をもって紹介します。
C「ロードサービス」ってどの
  くらい頼りになる?
CMでおなじみ「ロードサービス」ってどんなサービスを指していうと思いますか?どのくらい頼りになるのか、簡単に紹介してみました。
 

既刊「それが知りたかった
自動車保険の常識5」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2010年12月31日
(コミックマーケット79)

頒布価格:400円 (B5・48ページ、コピー本)
(頒布終了、総集編2に全編収録)

「それが知りたかった自動車保険の常識5」
収録内容:

契約時はココを気にしてみよう

一から自動車保険を契約するのに、何を気にしたものか、と考えたことはありませんか?それを考えるきっかけにしていただく基本的なお話をネタにしました。

 

既刊「それが知りたかった
自動車保険の常識4」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2009年12月31日
         (コミックマーケット77)

頒布価格:300円 (B5・48ページ、オフセット)
(頒布終了、総集編2に全編収録)

「それが知りたかった自動車保険の常識4」
収録内容:

@勝手についてくる保険T
 −自損事故保険−

わざわざ申し込まなくても勝手についてくる保険、というものがあります。そのうちの1つがこれ。
知っておいて損無しのちょっとした小ネタ。

A勝手についてくる保険T
 −無保険車傷害保険−

これも、勝手についてくる保険。これを機会に、自分の身を守る方法を一度考え直すいい機会、かも?
B並行輸入車って保険料は高いの? 自動車保険の保険料が高くなるのはなぜか、ということをもう一度再認識して下さい。

既刊「売り文句を疑うところ
から保険を選ぶ本」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2008年8月17日
(コミックマーケット74)

頒布価格:400円(B5コピー・44ページ)
〈頒布終了〉

CMでおなじみの某医療保険に、
いろいろとツッコんでみています。
関係者さん、怒らないで〜(笑)

「売り文句を疑うところから保険を選ぶ本」収録内容:

@某「少ない保険料で生涯
  入院も手術もあんしん保険」
  のウラを見る
「保険料が少なくて」「生涯入院保障」というからには、どこに穴があるのか?という素朴な疑問を解き明かしてみます。
A50歳から80歳まで
 入れる保険とは?

80才まで加入できるのはどうしてなのか、どんなカラクリがあるのか、ということだけじゃなくて、50才まで加入できないのはなぜか、ということも検証しています。

B健康に不安のある人でも
 加入できる入院保険の
 カラクリとは?
健康に不安がある人が入れる保険というものが、実はどういう性格の商品なのか、ということを実感して頂くためのネタです。目に見えないデメリットだけじゃなくて、メリットもこっそり・・・。

既刊「それが知りたかった
自動車保険の常識3 」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2008年12月28日
(コミックマーケット75)

頒布価格:400円(B5コピー・44ページ)
〈頒布終了、総集編に全編収録〉

より一層、現実に起こりそうなトラブルを
題材にしたネタを収録しました。

「それが知りたかった自動車保険の常識3」収録内容:

@割引等級は13ヶ月
  残り続ける話

事故で保険金を使った人が、次の年の保険料が高くなるのを回避するための悪だくみを阻止する(?)ネタです。

A人身傷害保険と搭乗者
 傷害保険をダブってかける
 日本人文化
どっちも「乗ってる人のケガを保障する保険」なのに、両方かけてる人がほとんどなのはなぜだろう?ということを疑問に思って作ったネタです。
B無制限の対物賠償保険でも
 100万円の賠償をできない
  ケースが?
無制限で出るようにかけたはずの対物賠償保険なのに、修理代50万円すら出なかった、などというケースがどうやったら発生するのか、解説します。

既刊「それが知りたかった
自動車保険の常識2」

Powerd by M.A.D WORKS

頒布開始:2007年12月31日
(コミックマーケット73)

頒布価格:400円(B5コピー・50ページ)
〈頒布終了、総集編に全編収録〉

今回は前回に増してかなりのボリュームで
作っております。
ちょっと知っておいて欲しい自動車保険の
常識(豆知識)がたくさん詰まっています。
是非ご一読を。

「それが知りたかった自動車保険の常識2」収録内容:

@自賠責の保険期間はなぜ
  25ヶ月や37ヶ月?

車検期間に合わせて自賠責保険をかけるなら24ヶ月のはずなのに、なぜ1ヶ月多いの?という疑問にズバリ答えます。

A車種や年式による料率の
 
違いを知ろう

クルマ屋さんで散々悩んで買った愛車が、同時に免許を取った友人より保険料が高くてビックリした、なんてことないですか?その謎を解きます。
コラム「実際に保険を使う時
     心得るべき事」

実際にあった事故のケースと保険金について触れながら、いざ自分が事故にあった時にまずどうするべきか、その基本を覚えて頂く、というコラムです。
 

Bこんな場合の契約変更って
  できるの?
最近多い、「介護タクシーを開業する場合」の保険契約を引き合いに出して、どんな場合に契約内容の変更ができるのかorできないのか、検証します。
 
C他の車を運転しても出る
  保険金?
自分の車でない他の車を運転して事故った場合に、実は自分の自動車保険から保険金が出るのを知っていましたか?

過去作品:

本当に知っておきたい
自動車保険の話
本当に知っておきたい
自動車保険の話2
本当に知っておきたい
自動車保険の話3
2005/12/30発行
2006/8/12発行
2006/12/31発行
頒布価格500円
頒布価格300円
頒布価格300円
いずれも頒布終了、残部数なし。

各種お問い合わせ:Eメールにて。
例によってスパム対策によりアドレスはこんな形で。

お知らせ:ここのサイトまたは頒布した本の中に告知した私のメールアドレス
ですが、ふとしたことで登録を消してまいまして(汗)、受信できなくなって
しまいました。サイト中のアドレス表記は変更しておきましたので、
万が一ご連絡を下さる場合はそちらへお願いします。